人気の検索>新潟で小学2年の女児が殺害された事件で、14日朝から警察に任意で事情を聞かれていた23歳の男が事件への関与を認める供述を始めた

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
Google+でシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>新潟の女児殺害事件で23歳の男に逮捕状請求


新潟の女児殺害事件で23歳の男に逮捕状請求

2018年05月14日
新潟で小学2年の女児が殺害された事件で、14日朝から警察に任意で事情を聞かれていた23歳の男が事件への関与を認める供述を始めた。警察は死体遺棄と損壊の容疑で逮捕状を請求する方針。この事件は今月7日、新潟市西区の小学2年生、大桃珠生さんが何者かに殺害され、JR越後線の線路に遺棄されたもの。警察は土地勘のある人物による犯行の可能性があるとみて捜査していたが、14日午前7時半ごろ、事件現場の近くに住む23歳の男に任意同行を求め事情聴取を行うとともに男が乗っていた車をしらべていた。捜査関係者によると、男は事件への関与を認める供述を始めたという。警察は引きつづき男の聴取を進め、警察は死体遺棄と損壊の容疑で逮捕する方針を固めた。このあと逮捕状を請求する予定。事件は発生から1週間で重大な局面を迎えた。

小2女児殺害事件、近所に住む23歳会社員を逮捕

2018年05月15日
新潟市の小学2年生の女の子が殺害された事件で、捜査本部は14日夜、死体遺棄と損壊の疑いで近所に住む23歳の会社員の男を逮捕しました。男は容疑を認めているということです。死体遺棄と損壊の疑いで逮捕されたのは、新潟市西区の会社員、小林遼容疑者(23)です。小林容疑者は今月7日、新潟市西区のJR越後線の線路に、近くに住む小学2年生、大桃珠生さん(7)の遺体を遺棄し、電車にひかせた疑いが持たれています。「容疑者は死体遺棄・死体損壊の事実を認めている」(新潟県警 青木正行刑事部長)捜査本部は14日の朝、小林容疑者を西区の施設の駐車場で任意同行し、事情を聴いていました。捜査関係者によりますと、事件当時、現場周辺で目撃されていた黒い車が小林容疑者の車と確認されたことが逮捕の決め手になったということです。「真面目で優しくて、とても事件に関与しているとは思えない」(小林容疑者を知る人)小林容疑者は事件当日、仕事を休んでいました。捜査本部は小林容疑者の身柄を15日午後に送検し、殺人容疑についても調べを進める方針です。

(出典 日本テレビ TBS)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)


こんな記事も読まれています





【PR】


「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP