人気の検索>26日午後2時ごろ、富山市久方町の県警奥田交番の稲泉健一警部補(46)が男に刃物のようなもので刺され、拳銃を奪われた

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
Google+でシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>男が警官から拳銃を奪い発砲・2人死亡


男が警官から拳銃を奪い発砲・2人死亡

2018年06月26日
富山県警に入った連絡によると、26日午後2時ごろ、富山市久方町の県警奥田交番の稲泉健一警部補(46)が男に刃物のようなもので刺され、拳銃を奪われた。男は近くの市立奥田小学校に向かい、小学校にいた警備員の中村信一さん(68)に発砲。中村さんは左肩などを撃たれて救急搬送された。男は学校の敷地内で駆けつけた警察官に撃たれ、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。県警によると、男は富山県立山町の職業不詳、島津慧大(けいた)容疑者(21)。稲泉警部補と中村さんは病院で死亡が確認された。島津容疑者も左腹部を撃たれ、重体の模様という。富山市消防局によると、午後2時14分ごろ、県警から「奥田交番で40代男性が刺された」と通報があった。男性は心肺停止状態で病院に搬送された。その後、午後2時27分ごろに、県警から「奥田小学校で撃たれて、けが人が2人いる」と通報があり、20代と60代とみられる男性2人をいずれも心肺停止状態で病院に運んだという。

2018年06月26日
26日午後2時ごろ、富山市久方町の富山県警富山中央署奥田交番で、所長の稲泉健一警部補(46)が男に刃物で刺され、拳銃を奪われた。県警によると、警部補は搬送先の病院で死亡が確認された。男は、約100メートル離れた市立奥田小学校付近で、警備員中村信一さん(68)に発砲し、中村さんも死亡した。通報で駆け付けた別の署員が男に発砲し、弾は左腹部に命中。男を取り押さえ、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。男は同県立山町末三賀のアルバイト店員で元自衛官の島津慧大容疑者(21)。病院に搬送されたが、重体という。県警は当時の詳しい状況を調べている。県警の山田知裕本部長は記者会見し、「警察官が拳銃を奪取され使用されたことは誠に遺憾。近隣住民に多大な不安を与え、誠に申し訳ない」と謝罪した。県警によると、稲泉警部補は交番の裏口付近でいきなり襲われたとみられ、死因は刺されたことによる出血性ショック。腹部を中心に数十カ所を刺されていた。島津容疑者は拳銃を奪った後、交番北の道路向かい側にある小学校の敷地に侵入したとみられる。中村さんの死因は頭部損傷で、左肩と頭部に撃たれたような跡があるという。捜査関係者によると、同容疑者はなたのような刃物とナイフの計2本を所持。交番の裏にも刃物1本が落ちていた。同校で警備に当たっていた中村さんは、正門付近に倒れていた。拳銃には銃弾が5発装填(そうてん)できるが、1発も残っていなかった。自衛隊関係者によると、同容疑者は2015年3月から陸上自衛隊金沢駐屯地で勤務し、昨年3月に退官していた。交番相談員の男性が110番した。奥田交番はJR富山駅から北東へ約1キロメートルの道路沿い。

(出典 朝日新聞 時事通信社)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)


こんな記事も読まれています





【PR】


「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP