人気の検索>10歳代の娘にわいせつ行為をしたとして兵庫県警が父親の巡査長を監護者わいせつ容疑で逮捕した

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
Google+でシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>兵庫県警の巡査長が自分の娘にわいせつ行為か


兵庫県警の巡査長が自分の娘にわいせつ行為か

2018年09月01日
10歳代の娘にわいせつ行為をしたとして、兵庫県警が、父親で県東部の警察署に勤務する40歳代の巡査長を監護者わいせつ容疑で逮捕していたことが捜査関係者への取材でわかった。県警は今後巡査長を処分する。捜査関係者によると、巡査長は、自分の娘に対し、体を触るなどのわいせつ行為をした疑い。容疑を認めているという。逮捕は8月30日。娘が児童相談所に保護され、児相から県警に通報があり、発覚した。監護者わいせつ罪は、昨年7月施行の改正刑法で新設された。親などが18歳未満の子どもにわいせつ行為をした場合、暴行や脅迫がなくても罪に問える。

(出典 読売新聞)

関連コラム→「性犯罪者をGPSで監視せよ」
人気の検索キーワード一覧にもどる


この記事にコメントする(100字まで)


こんな記事も読まれています





【PR】





「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP