人気の検索>14日夜、和歌山市で安倍総理らの警備に当たっていた県警の巡査が実弾入りの拳銃を路上に落とし、住民が見つけ届けました

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
Google+でシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>首相警備の巡査が実弾入り拳銃を落とす


首相警備の巡査が実弾入り拳銃を落とす

2018年09月15日
14日夜、和歌山市で安倍総理らの警備に当たっていた和歌山県警の巡査が実弾入りの拳銃を路上に落とし、住民が見つけ回収されていたことが分かりました。和歌山県警によりますと、14日午後8時前、自民党総裁選の決起集会に出席した安倍総理らを警備していた巡査(20代)が、警察車両の助手席から身を乗り出していたところ拳銃のケースの留め金が外れ、実弾入りの拳銃1丁を路上に落としたということです。県警がおよそ50人態勢で周辺を捜索しましたが見つからず、およそ1時間20分後に、近くの住民が「散歩中に拳銃を拾った」と捜索中の警察官に届け出たということです。拳銃と実弾はそのままの状態で回収されたということですが、和歌山県警は「このような事態を招き、大変遺憾。再発防止に努める」とコメントしています。

(出典 TBS)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)


こんな記事も読まれています





【PR】




「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP