人気の検索>和歌山県警の男性巡査が知人の男が起こした交通事故を把握しながら「黙っていてほしい」と頼まれ、見逃したとして、事情聴取

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
Google+でシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>和歌山県警の巡査が知人の事故を見逃す


和歌山県警の巡査が知人の事故を見逃す

2018年09月21日
和歌山県警の男性巡査が知人の男が起こした交通事故を把握しながら「黙っていてほしい」と頼まれ、見逃したとして、事情聴取を受けていることがわかりました。和歌山県警によりますと、和歌山北警察署の20代の男性巡査は、非番だった先月30日の夜に車で偶然通りかかった和歌山市内の路上で、バンパーなどが破損した車を発見しました。しかし、運転手が知人の男とわかり、「黙っていてほしい」と頼まれ、警察に通報せずに現場から立ち去ったということです。男は無免許で、直前に民家のブロック塀などに衝突する事故を起こし、そのまま逃走していました。警察は、男を道路交通法違反の疑いで逮捕し、巡査についても犯人隠避の疑いで、近く書類送検する方針です。

(出典 TBS)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)


こんな記事も読まれています





【PR】




「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP