人気の検索>男性に暴行してけがを追わせたとして大阪府警南署は22日、傷害容疑で和歌山県警巡査、成瀬真向人容疑者を逮捕した

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
Google+でシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>和歌山県警巡査が盗撮行為を注意され暴行


和歌山県警巡査が盗撮行為を注意され暴行

2018年09月22日
男性に暴行してけがを追わせたとして、大阪府警南署は22日、傷害容疑で、和歌山県警巡査、成瀬真向人(なるせ・まなと)容疑者(22)=和歌山市木ノ本=を逮捕した。成瀬容疑者は容疑を認めており、「盗撮がばれ、逃げるために必死でやってしまった」と供述。同署は、盗撮行為を注意されたことでもみ合いになり、けがを負わせたとみて、府迷惑行為防止条例違反容疑でも事情を聴く方針。逮捕容疑は今月9日午後5時45分ごろ、大阪市中央区日本橋の路上で、無職の男性(29)を転倒させて馬乗りになるなどの暴行を加え、右肘などに軽いけがを負わせたとしている。同署によると、成瀬容疑者は大阪メトロ日本橋駅(同区)の階段で、女性のスカート内にスマートフォンを差し入れたところを男性に注意され、逃げようとしてもみ合いになったという。現場に残されていたリュックサックから、「教官」「外出」「交番」と記されたメモ帳などが見つかり、成瀬容疑者が浮上した。成瀬容疑者は今年4月に警察学校に入校し、今秋卒業予定だった。

(出典 産経新聞)

関連コラム→「盗撮で人生を棒に振る人々」
人気の検索キーワード一覧にもどる


この記事にコメントする(100字まで)


こんな記事も読まれています





【PR】




「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP