人気の検索>横浜市消防局・戸塚消防署の消防士長、大西精一容疑者が、10月上旬に神奈川県内または、その周辺で覚せい剤を使用した疑い

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
Google+でシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>横浜市消防局の46歳の消防士が覚せい剤使用


横浜市消防局の46歳の消防士が覚せい剤使用

2018年10月19日
横浜市消防局・戸塚消防署の消防士長、大西精一容疑者(46)は、10月上旬、神奈川県内または、その周辺で覚せい剤を使用した疑いが持たれている。警察は、数日前、横浜市瀬谷区の大西容疑者宅を捜索したが、覚せい剤は見つからず、尿を調べたところ、覚せい剤の陽性反応が出たという。調べに対して、大西容疑者は「覚せい剤を使ったことは間違いない」と容疑を認めている。

(出典 FNN)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】





「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP