人気の検索>神戸地裁姫路支部の裁判官が、自ら担当する民事訴訟の関係者を突き飛ばし、女性がけがをしていたことがわかりました

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
Google+でシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>裁判官が訴訟関係者を突き飛ばし女性が怪我


裁判官が訴訟関係者を突き飛ばし女性が怪我

2018年12月03日
神戸地裁姫路支部の裁判官が、自ら担当する民事訴訟の関係者を突き飛ばし、女性がけがをしていたことがわかりました。警察などによりますと、先月、神戸地裁姫路支部に勤務する50代の男性判事が、担当する民事訴訟の判決後、当事者同士が支部の敷地内でトラブルになっているのを見つけました。その際、裁判で負けた側の関係者の男性を背後から突き飛ばしたということです。男性にけがはありませんでしたが、そばにいた20代の女性が転倒し、軽いけがをしました。また、警察が現場で捜査を始めようとしましたが、姫路支部側は「守秘義務のため」として、捜査協力を一時拒否していたということです。警察は、男性判事を傷害容疑で書類送検する方針です。

(出典 TBS)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】





「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP