人気の検索>勾留中の容疑者が警察署に預けた現金10万円を盗んだとして、警視庁滝野川署の31歳の巡査長が書類送検

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
Google+でシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>巡査長が勾留中の容疑者が預けた現金を盗んだ疑い


巡査長が勾留中の容疑者が預けた現金を盗んだ疑い

2018年12月07日
窃盗の疑いで書類送検されたのは、警視庁滝野川警察署で留置を担当している31歳の巡査長で、今年8月8日、勾留中の容疑者が警察署に預けた現金のうち、10万円を盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、巡査長は容疑を認め、「お盆に親戚が集まる食事会で金が必要で、8月15日の給料日に戻そうと思っていた」と話しているということですが、15日に警察署で容疑者からの預かり金の一斉点検があり、事件が発覚しました。警視庁は巡査長を懲戒免職処分としていて、「言語道断の行為であり、厳正に処分しました。再発防止に努めてまいりたい」とコメントしています。

(出典 TBS)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】





「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP