自殺ニュース>愛知県岡崎市の住宅で6日午後、母親と中学生の娘が死亡しているのが見つかりました

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
Google+でシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


自殺ニュース>42歳母親と中2長女の遺体・自殺か心中か 岡崎


42歳母親と中2長女の遺体・自殺か心中か 岡崎

2018年05月07日
愛知県岡崎市の住宅で6日午後、母親と中学生の娘が死亡しているのが見つかりました。部屋には遺書があり、警察は2人が自殺したか、母親が心中を図ったとみて調べています。6日午後6時半ごろ、岡崎市鴨田町の住宅で、住人の会社員の男性(41)が仕事から帰宅したところ、妻(42)がトイレにある手すりで、首を吊って死んでいるのを見つけました。また居間では同居する中学2年の長女(13)が首にひもがかかった状態で、死亡していました。一家は3人暮らしで玄関は鍵がかかっていて、室内に荒らされた形跡もありませんでした。部屋から遺書が見つかっていることなどから、警察は2人が自殺したか母親が心中を図ったとみて詳しい状況を調べています。

2018年05月07日
6日午後6時30分頃、愛知県岡崎市の男性会社員(41)方で、帰宅した男性が、妻(42)と中学2年の長女(13)が死亡しているのを見つけて110番した。岡崎署は無理心中と自殺の両面で調べている。発表によると、妻はトイレ前の廊下で首をつり、長女は居間に横たわった状態だった。長女の首にはひもが巻かれ、結び目があったという。妻は、長女の障害に悩んでいたといい、玄関には妻が書いたとみられる「これが最善の方法」という趣旨の遺書があった。同署は7日、遺体を司法解剖して死因を調べる。

(出典 東海テレビ 読売新聞)
自殺に関するニュース一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)


こんな記事も読まれています





【PR】


「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP