自殺ニュース>オーストラリア人科学者のデービッド・グドール氏(104)が10日、スイスの自殺ほう助機関で自ら命を絶った

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
Google+でシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


自殺ニュース>スイスの自殺ほう助機関で豪科学者が死亡


スイスの自殺ほう助機関で豪科学者が死亡

2018年05月10日
オーストラリア人科学者のデービッド・グドール(David Goodall)氏(104)が10日、スイスの自殺ほう助機関で自ら命を絶った。同機関が発表した。グドール氏は不治の病に侵されていたわけではなかったが、生活の質が著しく低下しているとして、自国のオーストラリアでは認められていない自殺ほう助機関を利用するため、スイスのバーゼル(Basel)を訪れていた。グドール氏の最後をみとった同機関「エグジット・インターナショナル(Exit International)」創設者のフィリップ・ニチキ(Philip Nitschke)氏はツイッター(Twitter)で、グドール氏は「安らかに他界した」と発表した。ニチキ氏によると、グドール氏は同日午後0時30分(日本時間同7時30分)、催眠鎮静薬で息を引き取ったという。

(出典 AFP)
自殺に関するニュース一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)


こんな記事も読まれています





【PR】


「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP