自殺ニュース>京都中央信用金庫の職員だった男性が、客の定期預金など9300万円あまりを着服していたことがわかりました

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
Google+でシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


自殺ニュース>信金職員が9300万円着服して自殺 京都


信金職員が9300万円着服して自殺 京都

2018年05月25日
京都中央信用金庫の職員だった男性が、客の定期預金など9300万円あまりを着服していたことがわかりました。京都中央信用金庫によりますと、和束出張所の営業係長だった元職員の男性(58)は、2014年10月から今年3月までに、11人の客の定期預金を無断で解約するなどの手口で、計9300万円あまりを着服していたということです。男性職員はベテランで、本来、複数人が関わる事務処理をすべて1人で行っていたということです。今月8日、客から「残高が足りない」と指摘され発覚し、京都中央信金は10日付けで男性を懲戒解雇にしましたが、翌日、自殺しているのが見つかったということです。

(出典 朝日放送)
自殺に関するニュース一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)


こんな記事も読まれています





【PR】


誰とも話したくない(>_<) そんな時には「心の休憩室」をご利用ください。

今、苦しんでいる人達の声 → #死にたい #自殺のツイート

気になったツイートを集めたページ

今から死にます! Call 受付中 期間限定企画

死ぬ前に言っておきたいことがありましたらお電話下さい。


「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP