人気の検索>仙台市消防局の男性職員が同期会の会費80万円を着服していた

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>仙台市消防局職員が同期会の会費80万円着服


仙台市消防局職員が同期会の会費80万円着服

2020年10月09日
仙台市消防局の男性職員が、同期会の会費80万円を着服していたとして、仙台市消防局は10月9日付けで、この職員を懲戒免職としました。懲戒免職の処分を受けたのは、太白消防署茂庭出張所に勤める38歳の消防司令補です。仙台市消防局によりますと、この職員は2015年7月から2年1カ月の間、13回にわたって同期の消防職員からなる「同期会」の会費あわせて80万円を銀行口座から引き出し、着服していました。仙台市消防局の調査に対し、職員は「借金の返済やパチンコ、競馬などに使った」と話しているということです。着服は、この職員が勤務先で集めていた食費を2度にわたり紛失したため、調査したところ発覚しました。着服した会費は全額返済済みで、同期の職員も被害届を出す意思がないことから、仙台市消防局も刑事告発はしないということです。

(出典 仙台放送)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】




「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP