人気の検索>山口県警の男性巡査部長を駐在所内で女性にわいせつな行為をしたとして懲戒処分

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>巡査部長が駐在所でわいせつ行為 山口県警


巡査部長が駐在所でわいせつ行為 山口県警

2020年10月13日
山口県警は50代の男性巡査部長が駐在所内で女性にわいせつな行為をしたとして懲戒処分にしたと発表しました。男性巡査部長は10月13日付で依願退職しました。減給10分の1 6カ月の懲戒処分を受けたのは山口県内の駐在所に勤務していた50代の男性巡査部長です。山口県警監察官室によりますと巡査部長は2020年7月の夜、相談のため駐在所を訪れた20代の女性に抱きつき上半身を触るなどのわいせつな行為をしたということです。当時、巡査部長は非番で缶ビール1本を飲んでいました。巡査部長は被害女性と面識があり「相手が自分に好意を持っていると思い抱き寄せるくらいはいいだろうと思っていた」と話しているということです。山口県警は10月13日付けで巡査部長を強制わいせつの容疑で書類送検し巡査部長は依願退職しました。中島博文首席監察官は「警察官がこのような事案を起こしたことは言語道断。職員に対する指導を徹底し県民の信頼回復に努める」とコメントしています。2020年に不祥事で処分を受け依願退職した山口県警の警察官はこれで3人目です。

(出典 yab山口朝日放送)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】




「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP