人気の検索>三重県津市は市民から徴収した現金約40万円を着服したとして男性職員を懲戒免職としました

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>津市の男性職員が現金約40万円を着服 三重


津市の男性職員が現金約40万円を着服 三重

2020年12月04日
三重県津市は、市民から徴収した現金約40万円を着服したとして、男性職員を懲戒免職としました。懲戒免職処分を受けたのは、津市役所の人事課の男性職員(35)です。津市によりますと男性職員は、収税課に勤務していた10月、固定資産税として市民から徴収し、金庫に保管されていた現金約40万円を抜き取ったとされています。男性職員は、市の聞き取りに対し「経済的にしんどかった」と着服を認めていて、現金は自宅から見つかり、市が回収しています。男性職員は、10月に窃盗と業務上横領の疑いで刑事告訴されています。

(出典 メ〜テレ)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】




「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP