人気の検索>北九州市門司区のドラッグストアで現金を盗んだとして門司海上保安部の職員が警察に摘発

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>門司海保職員がドラッグストアで現金を盗む


門司海保職員がドラッグストアで現金を盗む

2020年12月10日
北九州市門司区のドラッグストアで現金を盗んだとして、門司海上保安部の職員が警察に摘発されていたことが分かりました。摘発されたのは、門司海上保安部に所属する職員です。海上保安部によりますと、職員は先月下旬、北九州市門司区にあるドラッグストアで、従業員がレジに置き忘れた現金2500円を盗んだとされています。店側が警察に被害届を提出し、防犯カメラの映像などから職員の関与が浮上しました。警察は職員について、逮捕や書類送検をしない「微罪処分」としています。海上保安部の内部調査に対して、職員は現金を盗んだことを認めているということです。海上保安部は、職員の性別や年齢、役職を一切明らかにせず、「事実関係を明らかにして厳正に対処したい」とコメントしています。

(出典 RKB毎日放送)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】




「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP