人気の検索>加賀町警察署の男性警部補ら6人が酒に酔った男性を適切に保護せず死亡させ虚偽の報告書を作成

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>警部補ら6人が保護責任者遺棄致死などの疑い 神奈川


警部補ら6人が保護責任者遺棄致死などの疑い 神奈川

2020年12月18日
酒に酔った男性を適切に保護せず死亡させ、虚偽の報告書を作成したなどとして、県警は加賀町警察署の男性警部補ら6人を18日、書類送検しました。保護責任者遺棄致死と虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで、書類送検されたのは加賀町警察署の男性警部補ら6人です。 県警によりますと警部補らはことし2月「人が倒れている」と通報を受けて、56歳の男性を保護。男性から酒のにおいなどがしたことから泥酔者として自宅まで送り届けましたが、本人と必要な会話をしないまま、保護を解除し、男性はその後死亡しました。また報告書を作成する際、本人と会話したなどと、事実と違う内容の記載をした疑いが持たれています。 調べに対し、警部補らは「しばらくすると酔いもさめるということで保護を解除しても構わないだろうと思った」などと話していて、県警は認否を明かしていません。県警は加賀町警察署の警部を含めた男女7人を18日付けで戒告などの処分としています。

(出典 tvkニュース)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】




「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP