人気の検索>兵庫県明石市の管理職の職員が部下の職員にセクハラやパワハラの行為をしていた

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>明石市職員が部下に「デートしよう」 懲戒処分


明石市職員が部下に「デートしよう」 懲戒処分

2020年12月24日
兵庫県明石市の管理職の職員が部下の職員にセクハラやパワハラの行為をしていたとして、明石市はこの職員を降格させ、3か月間の減給処分にしました。明石市によると、明石市総務局・課長の男性職員(40代)は、今年7月と9月、職場などで部下の女性職員(30代)の手や腕をつかんだり「デートしよう」などと複数回発言するパワハラやセクハラの行為をしていたということです。女性職員が市の相談窓口に「つらい思いをした」と被害申告しことで発覚しました。市が調査をしたところ、別の部下の男性職員に対しても、合理的な理由なく一方的に仕事を9割減らすといったパワハラ行為もしていたことがわかりました。これを受け明石市は24日付けでこの職員を係長へ降格させ、減給10分の1(3カ月)とする処分を下しました。この職員は、「冗談を言えるような関係だと思っていたが、行き過ぎたことをした。申し訳ない」と話しているということです。

(出典 関西テレビ)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】




「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP