人気の検索>仙台市内で大麻を所持した罪に問われた男性に仙台地裁が無罪判決を言い渡しました

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>宮城県警が違法捜査 地裁で無罪判決


宮城県警が違法捜査 地裁で無罪判決

2021年01月18日
仙台市内で大麻を所持した罪に問われた男性に仙台地裁が無罪判決を言い渡したことについて、仙台地検は判決内容を精査し適切に対応したいとしました。無罪判決を受けたのは仙台市の27歳の男性で、2020年4月に青葉区のコンビニエンスストアの駐車場で、大麻を所持したとして大麻取締法違反の罪で起訴されていました。仙台地裁は1月15日の判決で、令状が執行される前の県警の大麻押収の手続きに重大な違法があるとして無罪判決を言い渡しました。違法性については、所持品検査に応じていた男性の車のドアを承諾なく開ける緊急性があったとは認められず、任意の所持品検査の限度を超えていたと指摘。職務質問中に逃走を図った男性を警察官3人で地面に押し付けたことや、およそ5時間に渡って男性を駐車場に留めたことも違法だとしました。仙台地検は「判決内容を精査し適切に対応したい」とコメントしています。

(出典 KHB東日本放送)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】




「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP