人気の検索>奈良市はきょう職員7人を2月1日付で懲戒処分としたと発表しました

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>セクハラやエアガンを発砲などで市職員7人を懲戒処分


セクハラやエアガンを発砲などで市職員7人を懲戒処分

2021年02月02日
奈良市によりますと、このうち1人は平成27年度と28年度、まち美化推進課に勤務していた主務です。この職員にセクハラとパワハラを受けたとして、当時、同僚だった元非常勤嘱託職員の女性が裁判を起こし、去年10月、大阪高裁は市に対して50万円の支払い命令を出し、市が上告しなかったため判決が確定しました。奈良市は「判決を真摯に受け止める」とし、この主務を減給10分の1、4カ月の懲戒処分としました。また、この裁判で市が控訴するにあたり、議会に報告し承認が必要だったにも関わらず失念していたとして、当時のまち美化推進課長を戒告処分としました。このほか、勤務中に公用のパソコンで業務に関係の無いウェブサイトを閲覧し株取引をしたとして、地籍調査室の主任を減給10分の1、6カ月。通行していた車にエアガンを発砲し車体を傷つけた南消防署の小隊長を減給10分の1、1カ月としました。奈良市の仲川市長は「信頼回復と再発防止に向けて全力を挙げて取り組む」とコメントしています。

(出典 奈良テレビ放送)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】




「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP