人気の検索>熊本国税局職員が熊本市東区の医療施設で因縁をつけ看護師から現金を脅し取ろうとした

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>熊本国税局職員が看護師に因縁・恐喝未遂


熊本国税局職員が看護師に因縁・恐喝未遂

2021年02月09日
男は熊本市東区の医療施設で、人間ドックの一部が受けられなかったことに因縁をつけ、看護師から現金を脅し取ろうとした疑いで逮捕されました。恐喝未遂の疑いで逮捕されたのは、熊本市中央区に住む、熊本国税局職員・中山 大輔容疑者(53)です。警察によりますと、中山容疑者は去年12月、熊本市東区にある医療施設で人間ドックの一部が受けられなかったことに因縁をつけ、担当した看護師などから人間ドックの費用5万円を脅し取ろうとした疑いです。中山容疑者は、去年11月にこの施設を人間ドックで訪れた際に、検査前の数値が基準値を越えていたため一部の検査を受けられず、再度、人間ドックに訪問。「病院の不手際で、2日も休まなければならなかった」などと言い、因縁をつけられた看護師が上司に報告しました。調べに対して中山容疑者は容疑を否認しています。職員の逮捕を受けて熊本国税局は「税務行政に対する信頼を裏切ることになり誠に申し訳ない。事実関係を確認の上厳正に対処する」とコメントしています。

(出典 TKUテレビ熊本)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】




「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP