人気の検索>高松北警察署の巡査部長が高松市のうどん店で他の客が置き忘れた財布から現金数万円を抜き取る

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>高松北警察署の巡査部長が財布から現金を抜き取る


高松北警察署の巡査部長が財布から現金を抜き取る

2021年02月26日
高松北警察署の巡査部長が高松市のうどん店で他の客が置き忘れた財布から現金数万円を抜き取ったとして、減給の懲戒処分を受けていたことが分かりました。懲戒処分を受けたのは、高松北警察署の留置管理課に勤務していた30代の男性巡査部長です。警察によりますと、巡査部長は2020年11月、高松市のうどん店で別の客が置き忘れた財布から現金数万円を抜き取りました。巡査部長は2月に入って遺失物横領の疑いで書類送検され、25日に不起訴処分となりました。香川県警は、2月5日付で減給10分の1、6カ月の懲戒処分にし、巡査部長は処分を受けて依願退職しました。香川県警察本部の監察課は「今後、再発防止に向けた指導や教養を徹底していきます」とコメントしています。

(出典 KSB瀬戸内海放送)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】




「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP