人気の検索>秋田市の小学校に勤務する女性教諭が児童に対しほかの児童を叩くよう誘導する発言をして暴力をふるわせていた

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>女性教諭がほかの児童を叩くよう誘導 秋田


女性教諭がほかの児童を叩くよう誘導 秋田

2021年03月22日
秋田市の小学校に勤務する50代の女性教諭が児童に対し、ほかの児童を叩くよう誘導する発言をして暴力をふるわせたほか、児童への配慮に欠ける発言を繰り返していたとして、学校が保護者に謝罪していたことが分かりました。秋田市教育委員会などによりますと、3月15日、複数の児童の保護者が学校を訪れ、「担任教師による不適切な指導があった」として事実確認を求めました。学校が調査したところ、3月上旬、昼休みの鬼ごっこでトラブルが起きた際、50代の女性担任が原因になった1人の児童を叩くようほかの児童を誘導する発言をして実際に数人が児童の腹部を叩いていたことが分かりました。またこれまで、児童に「好きな人や嫌いな人はいるか」と問い、嫌いな人として名前が挙がった児童に「これが現状だよ」と言うなど、児童への配慮に欠ける不適切な発言を繰り返していたことが確認されたということです。学校は3月19日に市の教育委員会も同席して緊急の保護者集会を開き、謝罪しました。この女性教諭は事実関係を認め「申し訳ないことをした」と話しているということです。秋田市教育委員会の佐藤孝哉教育長は「子どもたちに学校生活への不安を与えたことは大変遺憾。再発防止に向けての指導を徹底するとともに、子どもたちの心のケアに努め、新年度から新たな気持ちで学校生活をおくることができるよう全力を挙げる」とコメントしています。

(出典 ABS秋田放送)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】




「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP