人気の検索>里親などが子どもを養育する県内の住宅で少女に性的な暴行

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>養護先で少女に性的な虐待や暴行 長野


養護先で少女に性的な虐待や暴行 長野

2021年04月28日
里親などが子どもを養育する県内の住宅で、少女に性的な暴行をしたとして、関係者の男が逮捕された事件で、新たな動きです。県は、1人が性的な虐待を受け、2人が身体的な虐待を受けていたことを公表しました。この事件は、県内の里親などが複数の子どもを養育する事業を行う住宅で起き、SBCのこれまでの取材で、50代の男が10代の少女に対し優位的な立場を利用して性的な暴行などをした疑いで逮捕され、その後、起訴されたことがわかっています。この事件をめぐり、県はきょう、県内の「里親等」の男性による児童への重大な虐待があったと発表しました。虐待を受けていた児童は、1人が性的虐待、2人が身体的虐待だったとしています。SBCが事件について最初に報じたのは2月下旬で、その後の取材で、少女に対する性的な暴行だけでなく複数の子どもが男から殴られるなどしていたことも分かってきました。しかし、県は個別の事案としてこれまで発表してきませんでした。少女が最初に学校に被害を訴えてから学校側が児童相談所に通報し保護されるまでに、数週間がかかっていたこともこれまでの取材で判明しています。県はあさって、会見で内容を説明するとして、詳しい取材に応じていません。また、来月、この問題に関する検証委員会を開くことにしています。事件の経緯だけでなく、県の対応、学校の対応についても検証が求められます。

(出典 SBC信越放送)
人気の検索キーワード一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】




「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP