人気の検索>奈良県五條市の新型コロナワクチンの集団接種で医師が使用済みの注射針を誤って別の人に刺していた

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>奈良・五條市でワクチン接種に使用済みの注射針


奈良・五條市でワクチン接種に使用済みの注射針

2021年05月19日
奈良県五條市の新型コロナワクチンの集団接種で、使用済みの注射針を、医師が誤って別の人に刺していたことがわかりました。(五條市すこやか市民部・田中久美部長)「ご本人様をはじめ、ご家族皆様に心よりお詫び申し上げます」。五條市によりますと18日、西吉野コミュニティセンターで行われた集団接種で、担当した医師が市民1人に対し、別の人にワクチンを打ったあとの注射針を刺してしまったということです。誤って刺された市民はワクチンを改めて接種したあと、感染症専門医を受診し、現在、経過観察中です。本来、接種済みの注射器はキャップをせずに廃棄する決まりになっていますが、今回は当該の医師がキャップをしたうえ、未使用の注射器用のトレイに入れてしまったということです。五條市は「再発防止を徹底し、市民の皆様の安心安全の確保に努めていく」としています。

(出典 ABCニュース)
人気の検索キーワード一覧にもどる
この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【面白い!驚き!が満載の投稿サイト】



「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP