人気の検索>さいたま市が生活保護費1200万円あまりを不正に支出していた職員を懲戒免職処分

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>さいたま市職員が生活保護1200万円を不正支出


さいたま市職員が生活保護1200万円を不正支出

2021年05月25日
さいたま市は、生活保護費1200万円あまりを不正に支出していた43歳の男性職員を、25日付けで懲戒免職処分としました。懲戒免職処分となったのは、桜区役所総務課の村上洋平主査43歳です。村上主査は、桜福祉事務所の査察指導員として勤務していた去年4月からことし1月にかけて、生活保護費を受給している1世帯に対し、正規の手続きをせずに生業扶助費の名目で、17回にわたっておよそ1270万円の生活保護費を支出していました。市の聞き取りに対し村上主査は「市民や市職員に多大な迷惑をかけてしまい大変申し訳なかった。取りかえしのつかないことをしてしまった」と話していたということです。さいたま市は、被害届の提出について、警察に相談しています。また、指導・監督の責務を十分に果たさなかったとして、桜区の福祉課長らに対しても減給などの処分が行われました。

(出典 テレ玉)
人気の検索キーワード一覧にもどる
この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【面白い!驚き!が満載の投稿サイト】



「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP