人気の検索>国立病院機構大牟田病院で新型コロナウイルスの米ファイザー社製ワクチンを常温で約3時間放置するミス

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>ワクチンを1044回分廃棄 福岡・大牟田病院


ワクチンを1044回分廃棄 福岡・大牟田病院

2021年05月29日
福岡県は29日、国立病院機構大牟田病院(同県大牟田市)で、新型コロナウイルスの米ファイザー社製ワクチンを常温で約3時間放置するミスがあり、医療従事者などに接種する予定だった1044回分が使えなくなったと発表した。県が他の自治体などと調整して代わりのワクチンを確保し、接種スケジュールへの影響はないとしている。ファイザー社製ワクチンはマイナス75度近い超低温冷凍庫で保存し、常温で解凍する場合は2時間以内に希釈する必要がある。県によると、大牟田病院の冷凍庫には28日朝の時点で1182回分のワクチンがあった。近隣の医療従事者138人に接種するため冷凍庫から取り出した際、残り1044回分が入った箱を冷凍庫に戻し忘れたという。薬剤師が気づいた時には3時間たっていた。同病院では通常、ワクチンを2人で冷凍庫から取り出すが、当時は1人だった。再発防止のため、今後は作業工程のチェック表を作って二重チェックを徹底する。記者会見した川崎雅之院長は「国、県を挙げてワクチンを無駄にしないよう取り組む中、このような事故でご迷惑をかけた」と陳謝した。

(出典 毎日新聞)
人気の検索キーワード一覧にもどる
この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【面白い!驚き!が満載の投稿サイト】



「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP