人気の検索>3日未明、鹿児島県の鹿屋警察署の駐車場で軽ワゴン車が炎上し乗っていた2人が死亡しました

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


人気の検索>鹿児島・鹿屋警察署で車が炎上・2人が死亡


鹿児島・鹿屋警察署で車が炎上・2人が死亡

2021年06月04日
鹿児島県の鹿屋警察署の駐車場で3日未明、軽ワゴン車が炎上し、乗っていた2人が死亡しました。警察署の駐車場で激しく炎を上げる車。3日午前1時ごろ、視聴者が撮影した発生直後の映像です。鹿屋警察署によりますと、3日午前0時55分ごろ、鹿屋警察署の駐車場に入ってきた軽ワゴン車から火が出ているのを、当直中の署員が確認しました。火は署員と消防隊員によってまもなく消し止められましたが、車は全焼し、車内から2人が遺体で見つかりました。警察によりますと、炎上した軽ワゴン車が入ってきたのは午前1時前。2人が乗った軽ワゴン車が警察署の正面入口から入るのを、当直中の署員が確認していました。そして、署員が再びワゴン車のほうに目を向けた時、車から炎が上がっていたといいます。車は植え込みがあるコンクリート壁にぶつかった状態でした。運転席と助手席は2人がいましたが、車から逃げようとする様子などは見られなかったということです。2人は成人ということは分かっていて、警察は2人の身元の特定を進めるとともに、4日午後、遺体を司法解剖して死因を調べることにしています。また、事件・事故の両面から車が炎上した経緯などを調べています。
2021年06月04日
鹿屋警察署の駐車場で、全焼した軽ワゴン車からみつかった2人の遺体の身元がわかった。亡くなったのは、高齢の夫婦だという。爆発音がする中、炎上する1台の車。3日午前1時ごろ、鹿屋市の鹿屋警察署の駐車場に入ってきた軽ワゴン車が突然炎上。気づいた署員が消防に通報した。火は約20分後に消し止められたが、車は全焼し車内から2人の遺体が見つかった。警察は身元の特定を進めていたが、DNA鑑定の結果、2人は本籍が鹿屋市笠之原町の高齢夫婦だとわかった。県警によると、燃えた車からはガスコンロなどの生活用品が見つかっていて、車中生活を送っていたとみられる。また、2人は精神疾患をわずらっていて、先月下旬まで入院や通院をしていたという。2人を知る人は「2人で車に乗って朝どこかに出かけたりすることを見たことある」と話した。一緒に出掛けたり畑仕事をしたりする光景がみられていた2人。警察は現在司法解剖を行っていて、死因の特定を進めている。

(出典 MBC南日本放送 KYT鹿児島読売テレビ)
人気の検索キーワード一覧にもどる
この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【面白い!驚き!が満載の投稿サイト】



「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP