自殺ニュース>16日午前8時15分ごろ、千葉県流山市の東武野田線の踏切で10代の男性が電車にはねられ死亡

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


自殺ニュース>東武野田線の踏切で人身事故 体操服姿の少年


東武野田線の踏切で人身事故 体操服姿の少年

2020年09月17日
16日午前8時15分ごろ、千葉県流山市東深井の東武野田線運河-江戸川台間の踏切で、10代の男性が大宮発柏行き電車(6両編成)にはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。流山署は自殺の可能性も含め事故原因を調べている。同署によると、男性は体操服を着ていた。電車の運転手は、人が遮断機を上げて踏切内に立ち入り、線路上に立ち止まるのを目撃した。踏切付近には中学校のかばんが置いてあった。乗客130人にけがはなかった。電車は現場に停車後、午前9時34分に運転を再開した。東武鉄道によると、上下25本が運休。ダイヤは最大で1時間27分遅れ、9200人に影響が出た。

(出典 千葉日報オンライン)
自殺に関するニュース一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】







「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP