自殺ニュース>長崎県警に勤務する41歳の警部補が上司のパワハラを示唆する「遺書」を残して自殺したとみられる

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


自殺ニュース>長崎県警の警部補が上司のパワハラで自殺か


長崎県警の警部補が上司のパワハラで自殺か

2020年10月09日
長崎県警に勤務する41歳の警部補が、上司のパワハラを示唆する「遺書」を残して、自殺したとみられることがわかった。複数の関係者によると、佐世保署に勤務する41歳の警部補が、10月3日、自宅で死亡した。状況から自殺とみられていている。現場には「遺書」が残され、同じ佐世保署に勤務する上司2人から、パワハラを受けていたという趣旨の内容が書かれていたという。男性は、周囲の後輩にも「上司からパワハラを受けていた」という相談をしていた。県警本部は、「パワハラの有無を含め、調査中」としている。

(出典 FNN)
自殺に関するニュース一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】







「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP