自殺ニュース>30日午前、千葉県市原市で「乗用車が電柱とぶつかり、運転手が脱出できない」と110番通報

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


自殺ニュース>乗用車が電柱とぶつかり女性が死亡 心中か


乗用車が電柱とぶつかり女性が死亡 心中か

2020年10月30日
30日午前2時半ごろ、千葉県市原市で「乗用車が電柱とぶつかり、運転手が脱出できない」と目撃者の男性から110番通報がありました。車には20代の姉と弟が乗っていて、姉は頭を強く打っていて、搬送先の病院で死亡が確認されました。車を運転していた弟は手を骨折するなどの大けがをしましたが、命に別状はありません。警察は現場にブレーキ痕がないことや家族からの聞き取り、事故直後の弟の話などから2人が自殺を図ったとみて、捜査をしています。
2020年12月10日
千葉県市原市で、運転する車を故意に電柱に衝突させて事故を起こし、助手席に乗った姉を殺害したとして、21歳の無職の弟が逮捕されました。殺人の疑いで逮捕されたのは、市原市の無職・高澤翔悟容疑者(21)です。警察によりますと、高澤容疑者は10月30日の午前2時ごろ、同居する姉の高澤絵里香さん(26)を軽自動車の助手席に乗せて、市道のゆるやかなカーブで故意にブレーキを踏まないまま電柱に突っ込んで事故を起こし、絵里香さんを殺害した疑いが持たれています。この事故で、絵里香さんは頭などを強く打ち、死亡しましたが、高澤容疑者も左手を骨折するなどの重傷を負って入院したため、警察は10日の退院を待って逮捕したということです。調べに対し、高澤容疑者は容疑を認め、事故当時は「死のうと思って車をぶつけた」と話していたということで、警察は心中を図った可能性も視野に捜査を進める方針です。

(出典 ANN TBS)
自殺に関するニュース一覧にもどる
この記事にコメントする(100字まで)


こんな記事も読まれています





【面白い!驚き!が満載の投稿サイト】







「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP