自殺ニュース>金沢刑務所に服役する男性受刑者が首をつって死亡していたことがわかりました

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


自殺ニュース>金沢刑務所で受刑者が首つり自殺か


金沢刑務所で受刑者が首つり自殺か

2020年12月02日
石川県の金沢刑務所に服役する男性受刑者が、首をつって死亡していたことがわかりました。刑務所では自殺とみていて、管理体制には問題はなかったとしています。金沢刑務所によりますと、11月21日の午後9時46分ごろ単独室で40代の男性受刑者が食器口の鉄格子にシーツを通し、輪っか状にして首にくくりつけている状態でいるのを、巡回中の職員が発見しました。発見した時に男性受刑者に意識はなく病院に運ばれましたが、30日に死亡しました。単独室で男性受刑者は1人でいた状態で、金沢刑務所では自殺したものとみています。刑務所内の巡回はおおむね20分おきに行っていて、金沢刑務所は管理体制に問題はなかったとコメントしています。

(出典 MRO北陸放送)
自殺に関するニュース一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】







「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP