自殺ニュース>5日、新潟刑務所に収容されていた20代の男性受刑者が首を吊った状態で見つかりました

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


自殺ニュース>新潟刑務所で男性受刑者が首吊り自殺


新潟刑務所で男性受刑者が首吊り自殺

2021年02月06日
新潟刑務所に収容されていた20代の男性受刑者が5日、首を吊った状態で見つかり、死亡していたことがわかりました。自殺とみられています。新潟刑務所によりますと、死亡したのは1人部屋に収容されていた20代の男性受刑者です。受刑者は5日午後0時25分ごろ、部屋の中でタオルを使い、首を吊った状態でいるところを職員に発見されました。受刑者は病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。新潟刑務所は自殺とみています。新潟刑務所では通常、20分に1回程度見回りを行っていて、最後に受刑者を確認したのは19分前だったということです。新潟刑務所の笠原宣所長は、見回り体制に問題はなかったとした上で「被収容者が自殺したことは遺憾。今後とも一層、被収容者の動静視察と心情把握を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントしています。

(出典 BSN新潟放送)
自殺に関するニュース一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】







「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP