自殺ニュース>17日午前、茨城県の牛久署5階トイレ内で男性巡査長が頭から血を流して倒れているのを同僚の警察官が発見した

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


自殺ニュース>茨城県警の巡査長が拳銃自殺か


茨城県警の巡査長が拳銃自殺か

2021年02月17日
17日午前10時ごろ、茨城県牛久(うしく)市下根町の県警牛久署5階トイレ内で、県警自動車警ら隊牛久分駐隊の男性巡査長(29)が頭から血を流して倒れているのを同僚の警察官が発見し、119番通報した。巡査長は搬送先の病院で死亡が確認された。現場付近に拳銃が残されており、県警は拳銃自殺を図ったとみている。同署などによると、巡査長は17日午前8時半ごろ、署に出勤した。パトロールの出発時間になっても姿を見せないことから、同僚が署内を捜索し、倒れているのを見つけた。巡査長のロッカーからは遺書らしきメモが発見された。巡査長はこの日の出勤時に変わった様子はなかったといい、自動車警ら隊の内田清司隊長は「誠に遺憾。詳細を調査し、再発防止に努める」とコメントした。

(出典 毎日新聞)
自殺に関するニュース一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】







「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP