自殺ニュース>長野刑務所は26日、服役中の30代男性受刑者が死亡したと発表しました

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


自殺ニュース>長野刑務所で30代男性受刑者が自殺か


長野刑務所で30代男性受刑者が自殺か

2021年02月26日
長野刑務所は26日、服役中の30代男性受刑者が死亡したと発表しました。自殺とみられるということです。死亡したのは、長野県須坂市にある長野刑務所に服役中の30代の男性受刑者です。刑務所によりますと、25日午前6時45分頃、保護室の布団の中で男性受刑者がうつぶせの状態で倒れているのを職員が発見しました。口の中には、着ていたとみられる肌着のシャツが詰め込まれていました。職員がすぐにシャツを取り出したものの、男性受刑者は呼吸をしておらず、およそ3時間後に死亡が確認されました。第三者が侵入した形跡などがないことから、自殺とみられるということです。男性受刑者は、24日に他人に危害を加えたことから保護室に入っていたということです。刑務所では、20分ごとに見回りを行っていて、24日午後11時20分ごろに男性受刑者が布団の中で動いている様子が確認されましたが、その後は、寝ているように見えたということです。長野刑務所の山本英博所長は「受刑者が死亡したことは遺憾。今後とも動静視察、心情把握を徹底し、再発防止に努めたい」としています。

(出典 NBS長野放送)
自殺に関するニュース一覧にもどる

この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【PR】







「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP