自殺ニュース>9日夜、近鉄名古屋線、近鉄長島駅の構内で成人男性が特急列車と衝突して死亡しました

Twitterでシェアする
Facebookでシェアする
はてなにブックマークする
友だち追加


自殺ニュース>近鉄長島駅・JR横浜線の踏切で人身事故


近鉄長島駅・JR横浜線の踏切で人身事故

2021年05月10日
9日夜、近鉄名古屋線、近鉄長島駅の構内で、成人男性が特急列車と衝突して死亡しました。警察によりますと、9日午後11時半ごろ、三重県桑名市にある近鉄名古屋線の近鉄長島駅の構内で、特急列車と成人男性が衝突しました。男性は、その場で死亡が確認されました。列車の乗客15人にけがはありませんでした。事故直前に運転士は、遮断機をくぐって踏切内に入る人を目撃しており、死亡した男性の所持品からは、遺書めいたものが見つかったということです。警察は、男性が自殺を図った可能性もあるとみて、身元の確認を急いでいます。この事故の影響で、近鉄名古屋線は、近鉄弥冨駅と桑名駅の間で、約1時間半にわたり運転を見合わせ、約300人に影響が出ました。
2021年05月09日
9日午後6時40分ごろ、東京都町田市森野のJR横浜線の踏切で、同市に住む私立高校の女子生徒(16)が、橋本発東神奈川行きの電車(8両編成)にはねられ、全身を強く打つなどして死亡した。警視庁町田署によると、遺書のような文章が見つかり、自殺とみて調べている。同署によると、電車が接近して警報が鳴った後、遮断機を押し上げて踏切内に立ち入る女子生徒の姿が目撃されていた。生徒は私服で、近くに残されたポーチから自殺をほのめかすような文書が見つかった。

(出典 中京テレビNEWS 産経新聞)
自殺に関するニュース一覧にもどる
この記事にコメントする(100字まで)



こんな記事も読まれています





【面白い!驚き!が満載の投稿サイト】



「次元の彼方」のサイト内を目的のキーワードで検索してください。


BACK↑ PAGE TOP